初めての海外生活に不安を感じているなら!イギリスの大学留学で活用できる豆知識

このサイトでは、人気の留学先であるイギリスの大学へ留学する際に役に立つ豆知識をまとめて紹介します。
初めての海外生活に不安を感じている方にとって必見の内容です。
また、大学留学で必要な費用についても詳しく解説しています。
どのくらいの予算を用意したらよいのか分からない方は参考にしてみてください。
さらに大学へ留学する際の流れも紹介しているため、具体的な流れが把握できます。

初めての海外生活に不安を感じているなら!イギリスの大学留学で活用できる豆知識

初めての海外生活で不安があるという方も多いのではないでしょうか。
心配や不安を解消するためには、下調べをしっかり行っておくのがポイントです。
イギリスへ大学留学で活用できる豆知識を頭に入れておきましょう。
イギリスの大学留学費用は非常に高額です。
学費のほかに滞在費も含めると、1年間で100万円程度の予算をみておいた方がよいかもしれません。
イギリスに大学留学する際の流れについては、留学エージェントと相談しながら決めていくとよいでしょう。

イギリスへの大学留学は学業だけでなくアートや歴史にも触れられる

イギリスにはオックスフォード大学やケンブリッジ大学などの有名大学があり、そのほとんどは国公立です。
世界レベルの学校が多いため英語力は必須になりますが、留学するメリットは満載です。
学校ごとに特色があり専攻やコースなどが細かく分けられています。
そのため自分の興味があることを深く勉強することができます。
英語を習得するだけでなく専門性の高い学習ができるのです。
アメリカへの大学留学と比べても学費に関しては低コストで留学することができます。
イギリスは古い歴史のある国です。
中世からの建築物は今も現存しているためアートを勉強したい方にもおすすめです。
長い歴史を感じることもできるでしょう。
多民族国家のため、様々な文化圏の歴史や音楽、建築物などが堪能できます。
また地理的にヨーロッパの国々にも近く、大学留学中に往復1万円以下でヨーロッパへ旅行することもできます。
本場のアートに触れる機会も日本にいるよりもたっぷりあります。

イギリスにはトップレベルの大学があり学術研究が目的の大学留学に最適

学術研究が目的で大学留学を行う際には、イギリスが最適な場所となっていると言われることが多いのです。
その理由はこの国には世界でもトップレベルの大学が多く、様々な研究を行っているため高いレベルの知識を得ることができ、さらに環境が整っていることが理由に挙げられます。
大学留学をする際にはその目的を明確にすることが重要ですが、学術分野ではなかなかその研究を存分に行うことができる環境が揃っているところを見つける事は難しいものです。
これを行うためには様々な経費が必要となる上、優秀な指導者がいなければ効率的に進めることができません。
イギリスでは数多くの成果を上げている大学が多く、このようなところには国も力を入れて資金を提供することが多いため、環境が整いやすくなるのがポイントです。
さらに多くの優秀な指導者も集まる傾向があることから、この目的で大学留学をする際には理想的な場所となっており、効率的な学習を行うことができます。

イギリスへの大学留学では1年で大学院修士課程が修了できる

イギリスへ大学留学をした場合、通常1年で大学院修士課程を修了することができます。
日本よりも修士課程の期間が短いため、学費などを大きく抑えて修士号を取得することができるでしょう。
学生時代に大学留学を体験してみたい、より質の高い環境で学んでみたいといった場合にも最適です。
また、日本よりも大学院修士課程が短いことから、キャリアブランクを最小限に抑えることができるのもメリットとして挙げられます。
大学をいったん卒業した後に就職して学費を稼ぎ、改めて修士課程に進みたい人にとっても年齢的なブランクを最小限に抑える効果があります。
修士号の取得によりキャリアアップを目指したい人にも留学がおすすめです。
ただしイギリスの大学留学で修士課程に進むためには、学士号を取得していることが条件となっています。
すでに日本で学士号を取得していて条件をクリアする場合に、大学留学は検討するべき進路として考えることができるでしょう。

イギリスへの大学留学に必要なビザは?

海外への大学留学を希望する中で、イギリスへの留学を希望するという人もいます。
大学の特徴としては勉強自体の質が高く、より専門分野に特化して学ぶ事が可能です。
実際に大学留学するためにはビザと呼ばれる査証の取得などが必要になるケースがあるので、種類や特徴などを把握しておくこともポイントとなります。
観光査証タイプの場合は、最長で6ヵ月までであれば就学する事が可能です。
短期学生の場合であれば、6ヵ月から11カ月まえの期間が就学可能となります。
より長くしっかり学びたい場合であれば、学生査証となるビザを取得するのがお勧めです。
学生査証であれば制限がないので、希望する期間を就学する事ができます。
働く事も同時に行いたい場合であれば、ワーキングホリデー査証を利用する方法が有効的です。
多くの種類があるからこそ就学するためには期間などが大きく異なるので、その点を理解した上で自分にとって一番よい種類を取得する事が重要といえます。